配当実績 – 2022年9月

こんにちは、リモ太郎です。

配当金を受け取りました!

リモ太郎
リモ太郎

老後の資産形成に向けて米国高配当ETFのVYMと米国連続増配株ETFのVIGへの投資を2022年からスタート。10年後に月6万円の配当収入をめざしています!

9月は四半期に一度の配当月です!投資を始めて間もないのでまだまだ金額も少ないのですが、やっぱり確実に不労所得が入ってくるのはうれしいですよね!ゴールに向けて一歩一歩進んでいるのが実感できるのも心地よいです。

本記事では、2022年9月配当金の実績についてご紹介させていただきます。実績に含めているのは、2022年以降に配当収入を目的として購入した高配当株式ETFの分のみとしています。(【VOO】S&P500インデックスETFの配当などは除いています。)

2022年9月 配当金額・利回り実績

今回受け取った配当金は83.87ドル(円換算で12,022円)となりました。前回の6月が約9,000円でしたので3,000円の上積みです。

3カ月分なので、月に換算すると約4,000円。外食1回分が浮くくらいの金額で、まだまだ実感として配当を感じられませんが、金額が小さいとは言え不労所得をもらっているのはうれしいもんですね!

とりあえず、今回いただいた配当金はドル建て口座にそのままおいておき、次回のETF購入の一部にあてます。わざわざ引き出すのも手間ですので。。

税引後配当金を取得金額で割って4倍した、簡易計算での年間配当利回り(税引後)は、

  • 【VYM】:2.29%
  • 【VIG】:1.50%
  • トータル:2.11%

となりました。

10年後の税後配当利回り4%を目標としていますが、今のままで本当に4%に届くかどうかという不安もあります。でもいずれはETFの評価額が上がれば受け取る配当も多くなるでしょうし、そうなれば配当利回りは年々高まっていくことを期待して、しばらくはこのまま(【VYM】と【VIG】を3:1で毎月購入しています)を続けていきたいと考えています。

あと最近気になっているのが【VT】。値上がりが期待できる全世界ETFにもかかわらず、配当利回りも2%以上と割と高めです。もしかしたら【VIG】よりも良さげかも?今度少し【VT】も買ってみて、【VIG】と比べてみようと思っています。

VYMの配当金は0.77ドル。前年同期比+2.7%の増配!

高配当株ETFのVYMの9月配当金は0.77ドル(税引前)でした。

昨年9月の配当は0.75ドルでしたので、増配率+2.7%と微増となっています。配当は安定的に(というかむしろ増配して)出してくれているのはうれしいですね!

直近1年の配当金合計は3.22ドル(税引前)でした。9月30日時点でのVYMの株価が96ドルでしたので、直近のVYMの配当利回りは約3.4%です。株価が下がってきている一方でしっかりと増配はしているため、VYMとしては久しぶりに利回りが3%を超え高い水準になっています。

リモ太郎
リモ太郎

しばらくはこの買い時が続くかもしれないですね!

VIGの配当金は0.72ドル。前年同期比+2.9%の増配!

連続増配株ETFのVIGの9月配当金は0.72ドル(税引前)でした。

昨年9月の配当は0.70ドルでしたので、増配率+2.9%となっています。連続増配株なのでもう少し高い増配率を期待していますが、VYMとそんなに変わらないですね。まあ、どちらも増配しているのでいいでしょう(笑)

直近1年の配当金合計は2.88ドル(税引前)。9月30日時点での株価が135ドルでしたので、直近のVIGの配当利回りは約2.1%です。利回りは現時点では低いですが、将来成長してくれるのを期待して、引き続き毎月少しずつ積立てていく予定です。

では、今回は以上となります。次回は12月分の配当実績をご紹介します。

コメント、アドバイスなどぜひいただけますと幸いです!

投資信託で資産形成 ひふみ投信
配当実績
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント