家計収支 – 2023年6月

こんにちは。管理人のリモ太郎です。

リモ太郎
リモ太郎

2021年に50歳を迎えたサラリーマンです。60歳となる2031年に完全リタイアし、その後はいきいきした老後生活を楽しむことを目標に、2022年初から資産運用を開始しました。

本記事では、毎月の生活の収支、支出の内訳、その月に買ったり行ったりしてよかったもの/場所などをご紹介しています。今回は6月分となります。50歳を超えてから老後に不安を覚え本格的に投資を始めた管理人が、実際にどんな生活をしながら資産形成しようとしてるのか、ご参考になれば幸いです。

家計収支

2023年6月の家計収支は、31,756円のプラス(収入超過)でした。

今月は特にこれといった行事もなく、結果的にこれといった大きな支出もなく、平々凡々な月でした(笑) 蒸し暑い日が続いて、休日もあまり買い物や食事以外の外出は無かったです。。

ちなみに、税金関連(固定資産税、自動車税)、年払いの保険、ローンのボーナス払い分、冠婚葬祭の費用、などは毎月の家計収支には含めていません。年間費用としてボーナスから捻出しています。

支出の内訳

消費支出の項目別比率は上の円グラフのとおりとなっています。

  • 食費の占める割合(=エンゲル係数)は29%。外食もそれなりにありましたが、普段の食費はそんなに高くはないはずなのに、目標としている25%(2人家族以上の平均値くらい)には届きませんでした。リタイア後はどれくらい減るのでしょうか… 数年後に見返してみるとどう思うのか、今から気になります(笑)
  • 水道光熱費が4%。暖かい季節になって電気・ガス料金が下がってきています。
  • 趣味・娯楽が19%と、先月と同程度。かみさんが友達と旅行に行ったほかは、特にこれといったイベントはなかったです。

今月のトピック

今月はあんまりネタにするようなことはありませんでしたが、米国ETFの配当が入ったのでそれを使った話と、ひさびさに投資関連の本を買った話です。

  • 今月は、保有している米国ETFの分配金が払い出されました。去年から始めた高配当ETFへの積立ですが、徐々に積み上がってきて、3万円を少し上回る分配金が入ってきました!月に換算すると1万円ですが、ちょっとずつ成長してきていてうれしいです。
    基本的に仕事をしている期間にもらった配当は、再投資はせずに自由に使おうと思ってます。
    今回は夫婦でちょっと贅沢なランチに2回、行かせていただきました。(お寿司とイタリアン。イタリアンの店は以前記事にしていますので下記リンクをご覧ください)
    分配金はやっぱり究極の不労所得ですね、タダで食べるものほどうまいものはありませんでした!もちろん、今月の支出には含めてません(笑)
  • 久しぶりに投資関係の本を2冊買いました。
    全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 山崎元/水瀬ケンイチ
    年間100万円の配当金が入ってくる最高の株式投資 配当太郎

どちらもとても投資のモチベーションにつながる良書で、3回ずつ通して読みました(笑)

「ほったらかし投資術」の方は、最も効率良く資産形成するには「長期・分散・低コスト」が最も重要で、投資先は投資信託のオルカン1種類だけでいい、という内容です。理論的には定期積立よりも一括投資の方がいい、リスクは資産を複数持つよりもオルカンと無リスク資産(貯金・国債など)の配分で管理すべき、ということが分かりやすく書かれていて勉強になりました。ただし、管理人は、頭では言っていることは理解できるのですが、オルカン1本だとあまりにも面白くないと思ってしまいます。来年新NISAになったらオルカン、米国と高配当ETFをメインに、これまで通りいくつかの銘柄を買っていく予定です。

一方の「年間100万円の配当金…」の方は、高配当投資の醍醐味を再確認させてくれる内容で、とてもやる気を奮い立たせてくれる内容でした。一番印象的だったのは、「企業のトップは配当金に関しては予想を出すが株価がいくらになるかを予測したり担保することはない」、「企業のトップが担保できないものに対して財産を委ねる気にはなれない」という点でした。個別株投資を中心に書かれた本ですが、ETFについても十分応用できる内容でした。「株は売るものではなく増やすもの」というところを意識して、今後も高配当ETFを増やしていこうと思います。

以上です。

コメントやアドバイスなどございましたら、ぜひよろしくお願いします!

[管理人の一言] コロナの制限も緩和され、気候も良くなってきて国内旅行に行くには良い季節になってきました。筆者はJALユーザーですが、JAL便とホテルが格安セットで予約できる以下のサイトはおススメです!

家計収支
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント