家計収支 – 2023年7月

かるがもちゃんのヒナたちもスクスク育ってます

こんにちは。管理人のリモ太郎です。

リモ太郎
リモ太郎

2021年に50歳を迎えたサラリーマンです。60歳となる2031年に完全リタイアし、その後はいきいきした老後生活を楽しむことを目標に、2022年初から資産運用を開始しました。

本記事では、毎月の生活の収支、支出の内訳、その月に買ったり行ったりしてよかったもの/場所などをご紹介しています。今回は7月分となります。50歳を超えてから老後に不安を覚え本格的に投資を始めた管理人が、実際にどんな生活をしながら資産形成しようとしてるのか、ご参考になれば幸いです。

家計収支

2023年7月の家計収支は、68,791円のプラス(収入超過)でした。

蒸し暑い日が続きました。ここまで暑いと外に出るのがつらいですね…休日も極力外出せず、買い物や外食も少なかったため、支出はそれなりに抑えられました。

もう少し涼しくなってきたらまた山登りや遠出したいのですが、まだしばらく我慢の日が続きそうです。その分お金も使わないので貯金するには好適なのですが(笑)

ちなみに、税金関連(固定資産税、自動車税)、年払いの保険、ローンのボーナス払い分、冠婚葬祭の費用、などは毎月の家計収支には含めていません。年間費用としてボーナスから捻出しています。

支出の内訳

消費支出の項目別比率は上の円グラフのとおりとなっています。

  • 食費の占める割合(=エンゲル係数)は38%。いつもの月と比べるとかなり食費が多かったです。普段の食費はそんなに高くはないはずなのに、なぜだろう!?と思って家計簿を見返してみてもよう分からん…(笑) 目標としている25%(2人家族以上の平均値くらい)には遠のいていますがリタイア後はどれくらい減るのでしょうか。数年後に見返してみるとどう思うのか、今から気になります(笑)
  • 水道光熱費が4%。1,2カ月前の電気・ガス料金が請求されるので、それほどかかっていませんね。7月はほぼほぼ24時間エアコンをつけっぱなしになっているので、来月あたりは上がりそうです。
  • 趣味・娯楽が15%と、先月からは減少。特にこれといったイベントはなかったです。

今月のトピック

今月は2つ、クラフトビールのお店と、面白かった投資本(またまた買ってしまいました💦)のご紹介です。

  • 神奈川県茅ケ崎市にある有名な醸造所、熊澤酒造さんが運営するビアパブ「MOKICHI CRAFT BEER」に行ってみました。ランチタイムでしたが、湘南ビールや日本酒と料理との相性も抜群で、昼からいい気分転換になりました(笑)。特にパスタは生めんのもちもちでおいしかったです!
  • 駅構内の本屋で電車の時間を待っていたら、投資関係の新刊が目に止まってしまいました(笑)
    JUST KEEP BUYING 自動的に富が増え続ける「お金」と「時間」の法則

結論から申し上げますと、久々に読み応えのある本でした!

本職がデータサイエンティストの方が書かれた本ということもあって、データを駆使してとても論理的に投資方法をガイドしているため、納得感が半端なく高いです。

さらに、この本で主張していることは、他の投資本とは一線を画していてかなり刺激的(笑)たとえば、

  • 貯金はそれほどしなくてもいい
  • クレジットカードの利用はそんなに悪くない
  • ドルコスト平均法は無駄。できるだけ早く全力で投資すべき

などなど。通説とは違う主張なのですが、過去のデータを使って論理的に説明されているので、なるほどと思ってしまいます。

管理人も、ドルコスト平均法でかなり長い期間をかけて銀行口座から投資に資金を移してます。これってかなり機会損失になってしまってるんですよね…。世界の経済が成長する方にベットするなら即全額投資が最善なのは頭ではわかっているのですが、気持ち的には毎月コツコツ投資の方が楽ではあります。うーん、悩ましい。。。

とても面白い本でした。

以上です。

コメントやアドバイスなどございましたら、ぜひよろしくお願いします!

[管理人の一言] コロナの制限も緩和され、気候も良くなってきて国内旅行に行くには良い季節になってきました。筆者はJALユーザーですが、JAL便とホテルが格安セットで予約できる以下のサイトはおススメです!

家計収支
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント