[レビュー&徹底比較]ヘリノックス(Helinox) タクティカルテーブル&チェア

こんにちは。リモ太郎です。

今回はキャンプグッズのご紹介をします。4月にキャンプに行くことにしているので、軽量の折りたたみ椅子を新調したいと思い八王子のアウトドアショッピングモール「モリパークアウトドアビレッジ」へ行ってきました。

そこでひとめぼれしたのが、キャンプ好きの方ならご存じヘリノックスのチェア。超軽量のアルミフレームで座りごこちも抜群!高かったですが思わず2脚と、ついでにテーブルまで買ってしまいました。

本記事では、ヘリノックス・タクティカルシリーズのチェアとテーブルをそれぞれ実際に使ってみた感想を、良いところ、気になることの両方を含めて解説したいと思います。またチェアはいくつか別のブランドのものも同時に検討していたので、他社比較もしています。

これからキャンプ本番の季節ですが、キャンプをやっていて一番長く過ごすのは座っているときだとますので、椅子選びは大事ですよね。キャンプ用ギア(特にチェア)の購入を検討されている方へ、この記事が参考になれば幸いです!

ヘリノックスとは?

韓国のDACという会社をご存じでしょうか。

テントに使われるアルミポールのトップメーカーです。Coleman、REI、Mont-bellなどなど世界中の名だたるアウトドアブランドが、自社のテントにDAC社製ポールを採用しています。独自のアルミ合金の生成技術と、ポール同志を繋げるジョイント技術の開発によって、軽さと、強度、しなやかさを合わせ持ったポールを売りにしており、世界中で販売されているテントの多くで採用されています。

ヘリノックス社は、テントやチェアなどをはじめとしたキャンプギアの製造販売会社として、DAC社から独立するかたちで設立されました。したがって、DAC社のアルミポールの技術も当然活用されております。例えばテントポールのギミックがそのまま、組立式のチェアフレームに活かされているため、他の追随を許さない圧倒的な軽さ、適度なしなりによる座り心地の良さ、耐過重性といった品質を実現しているのです。

ヘリノックスはすでに世界トップブランドとして認知されているかと思います。多少値段は張りますが、やはり製品の完成度や使った時の安心感を考えると、キャンプ好きなら1つは持っておきたいギアといえるのではないでしょうか。

タクティカルチェアのレビュー(他社製品との比較あり)

基本スペック

まずは商品の基本情報から。ぼくは、タクティカルチェアLのコヨーテ(ベージュ)とマルチカモ(迷彩柄)の2脚購入しました。

  • 商品名:ヘリノックス タクティカルチェアL (コヨーテ/マルチカモ)
  • 使用時サイズ:58cm×72cm×55cm(幅・奥行き・高さ)
  • 収納時サイズ:42cm×14cm×11cm(幅・奥行き・高さ)
  • 座面の高さ:37cm
  • 使用時重量:1075g
  • 収納時重量:1200g
  • 耐荷重:145kg
  • フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
  • 先端部素材:ナイロン
  • 張り材素材:ポリエステル
  • 収納袋素材:綿、ポリエステル
  • 表面加工:フレーム(アルマイト)

デメリット、注意点から紹介します

購入をご検討されている方の関心が高いと思われる、実際に買ってみて気になる点からご紹介させていただきます。

1.値段が高い!しかも品薄でなかなか買えない!

ぼくは実店舗で購入しましたが、コヨーテが約15,000円、マルチカモが約18,000円でした。(シートが迷彩色になってるだけで、結構値段も違うんです・・)

まあ、高品質な商品なので、高いのはいたしかたないですね。一生ものということと、所有する満足感を考えて踏ん切りつけました(笑)

それよりも、人気がありすぎるのか品薄でなかなか買えないことの方が問題かもしれません。この記事を書いている4月の時点では、ハイシーズンということもあってか公式通販サイトではどちらも売り切れでした。Eコマースのサイトなどでは在庫あるところもありますが、公式サイトよりもお高めの値段設定ですね。超人気だけに、値引きは無理だと思っておいた方がよいでしょう。

運よく購入できたとしても、キャンプ中にちょっと席を離れたすきに盗まれないよう、気を付けてください(笑)

2.選択肢が多すぎ!買うときに迷う・・・

一口にヘリノックスの軽量折りたたみチェアといっても、大きさ、座面の高さ(ヘッドレストの有無や地面からの高さ)、用途(アウトドアかインドアか)などによって種類やラインが多数存在します。

ぼくが買ったタクティカルチェアのシリーズは、ミリタリー調のシート素材を使っていてキャンプシーンに良く馴染む色調が特徴なのですが、そのタクティカルシリーズだけでも、通常サイズ、ミニ、ラージサイズ(今回購入)、座面が回転するスウィベルなど、さまざま。

似たようなチェアが大量にあって、ネットなどで買うときは迷うこと必至です(笑)。各商品のスペックや大きさをネットで数字で比較するのみでは、どれが自分に一番合ってるのか答えを出すのは多少難しいかもしれません。

ぼくの場合は、実際に店でタクティカルの通常サイズとラージサイズを座り比べて、両腕もシートでホールドしてくれて長時間座っても疲れない、ラージサイズを選びました。

3.軽すぎる!がゆえに設置の安定感が多少気になる点も・・・

軽さと丈夫さを追求しているので宿命とも言えますが、座ってないときに風で倒れてしまったり、地面が斜めだと座った時に不安定だったり、足のフレームが細いので下が砂利だと埋もれたり、といったことも起こります。

でもさすがはヘリノックス、こういったことに対策するためのオプションパーツも豊富に用意されています。例えば、風で飛ばされないようにするためのチェアアンカーや、足が埋もれないようにする大きめのポールフィートなども別に購入可能です。気になる方は、こういったパーツも検討されるといいかと思います。

4.シートが焦げやすい(らしい)

これはヘリノックスのチェアに限った話ではないですが、座面シートの素材はポリエステルなので、火の粉などで焦げたり、穴が開いたりしやすいようです。対策としては、焚火台などから少し離して設置するなどでしょうか。

メリット、買って良かったと思う点は?

続いて、メリットです。正直、上のデメリットは「強いて言えば」のレベルです。それを考慮してもメリットの価値が大きいのがヘリノックスのチェアだと感じます。

1.軽さはキング!

とにかく、軽いです。

ラージサイズなのでそれなりの大きさのあるチェアですが、見た目よりも相当軽く、片手でひょいとつまみ上げ、移動も楽々です。

また、収納したときはすごくコンパクトに小さくまとまります。2リットルのペットボトルくらいで、重さは半分といった感じです。キャンプ行くときは車に道具を大量に積み込みますので、この軽さと小ささはやっぱり大事なポイントです。

2.組み立て、収納が超らくちん!

テントポールで培われたギミックが最大限に活かされているからと思いますが、組み立て、収納がすごく楽です。おそらく数回やって慣れてくれば1分もかからないでしょう。何といっても、パーツは収納袋、ポール、座面シートの3つのみ!直感的に組み立てられるので、マニュアルも要りません。

とはいえ一応、下に写真付きで組み立ての順番を紹介しておきますね。

収納した状態。左と真ん中がタクティカルチェア、右がタクティカルテーブルです。

収納袋を開けるとパーツは3点だけです。左から、収納袋、ポール、座面シート。

まずはポールを組み立てます。ゴムバンドがポールの芯に入っていてつながっているので、迷うこともなく簡単です。

ポールの前側の2本に収納袋をひっかけます。収納袋が座面下の小物入れになるんですね。

そして、座面カバーの四隅についている穴にポールの上部の先端4か所を引っかけます。少し力がいります。

完成です。たったこれだけ!簡単です。

3.座り心地サイコー!

組み立て方法をご覧になってお分かりのとおり、シートは四隅をポールに固定しているだけなので座面は吊り下げられているような状態です。このため、ハンモックのような座り心地で、長時間座ってもお尻が痛くなるようなことはありません。

また、ラージサイズのチェアは、両肘もシートにホールドされる形で座ることができます。通常サイズだと両肘は椅子の外に出るのですが、本を読んだりするなら肘もすっぽり入る方が楽ですね。

4.シンプルなのに機能性もバッチリ!

座面シートには両側にポケットがついてるので、小さいものなら収納可能です。

また、収納ケースを座面下のポールに付けると、物入れになって結構な量のものをそこに入れることができて便利です。とことんよく考えられてます。ただこのアイデアは、他社製品でもかなり採用されているようですね。

さらに、座面シートは水洗いができますので、食べ物ひっくり返して汚してしまっても簡単に洗えるので、メンテも便利ですね。

5.かっこいい。眺めてるだけで気分が上がる!

チェアのデザインはもちろんいいですし、シートやポールの素材にも、他社製品には無い高級感が漂ってます(感覚的ですみません)。家で何度組み立ててみたか分かりませんが、いっそリビングにでもおいておこうかと思ったくらいです(笑)

6.カスタマイズ自在。自分好みに仕上げて自慢できる!

本体以外のアクセサリーが豊富に販売されているので、自分好みにカスタマイズできます。

例えば、取り替え座面シート、シートカバーがたくさん用意されていて、雨が降ったりしても大丈夫なカバー、冬場にあったかい素材、逆に夏場に涼しいメッシュ素材などがあります。

また、砂場に埋もれないようポールの足の先につけるキャップ(ポールフィート)や、ロッキングチェアのようにする足(ロッキングフィート)などもあったりします。

さらに、シート背中の背面側がベルクロになっていて、そこに好きなバッジ、ワッペンなどが付けられるようになってます。

みなさんも、自分だけの1脚に仕上げて悦に浸ってみてはいかがでしょうか?(笑) ぼくはまだそこまで行けてませんが。

他社の製品と比べてみました

購入時に候補としていくつか他社のチェアも検討していましたので、比較した結果をご紹介します。

①コールマン リーフィーチェア ハイバック

  • 使用時:56×67×高さ101cm
  • 収納時:50×15×10cm
  • 重量:1.5kg
  • シート:ポリエステル
  • フレーム:超ジュラルミン
  • 座面幅:48cm
  • 座面高:42cm
  • 耐荷重:100kg

アウトドアブランド コールマンの軽量折りたたみチェアです。ヘリノックスと比べると、一回り大きめで頭までホールドしてくれますが、その分多少重いですね。シートが破けやすいという書き込みも多いのが気になります。ただし、値段は少しお安め。

②ワークマン アルミローチェア

  • 使用時:54×48×高さ67cm
  • 収納時:36×13×高さ11cm
  • 重量:1.0kg
  • シート:ポリエステル
  • フレーム:アルミニウム合金
  • 座面幅:48cm
  • 座面高:26cm
  • 耐荷重:100kg

作業用品のワークマンも軽量折りたたみチェアを出しています。サイズ感や軽さも文句ないレベルですが、何といっても特徴はその安さ!2,500円くらいで、段違いに安くてお買い得ですね。そんなにブランドや見た目にこだわりがないなら、こちらもおススメだと思います。

③ニトリ アルミコンパクトチェア

ニトリ 公式ホームページ
  • 使用時:52×51.5×高さ63.5cm
  • 収納時:36×12×高さ10cm
  • 重量:880g
  • シート:ポリエステル
  • フレーム:アルミ
  • 座面幅:48cm
  • 座面高:33cm
  • 耐荷重:80kg

こちらはホームセンター ニトリで売っている軽量折りたたみチェアです。今回の4脚の中では最も軽いですね。構造も組み立て方もヘリノックスとほぼ同じです。実際座ってみると安定感はあるものの、ヘリノックスが持っている独特のしなりとか、座り心地はさすがにかないませんでした。耐荷重が80kgと一般的な体重の男性がギリギリというのも少し気になります。ただし、値段は5,000円程度となっており「お、値段以上」の出来だとは思います。

独断ですが、ランキング発表!

評価項目ヘリノックス
タクティカルチェアL
コールマン
リーフィーチェア
ワークマン
アルミローチェア
ニトリ
アルミコンパクトチェア
サイズ・重さ★★★★★★★☆☆☆★★★★★★★★★★
強度・耐久性★★★★★★★☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆
座り心地★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆
カスタマイズ性・
オリジナリティ
★★★★★★★☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
値段★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★★★★★★★
総合評価★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

個人的な総合評価では、値段以外がダントツに良かったヘリノックス タクティカルチェアLに軍配があがりました!

タクティカルテーブルのレビュー

最後に、簡単にタクティカルテーブルのご紹介です。

基本スペック

  • 商品名:ヘリノックス タクティカルテーブルMサイズ (コヨーテ)
  • 使用時サイズ:57cm×40cm×38cm(幅・奥行き・高さ)
  • 収納時サイズ:43cm×13cm×11cm(幅・奥行き・高さ)
  • 使用時重量:800g
  • 収納時重量:935g
  • 耐荷重:50kg
  • フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
  • 先端部素材:ナイロン

メリット・デメリット

チェアと共通することが多いので、まとめて書きます。

デメリット
  • 値段が高い。品薄でなかなか買えない
  • 軽すぎて風に飛ばされやすい
  • 天板が焦げやすい(らしい)
メリット
  • 軽くて携帯も楽
  • 組み立てが簡単
  • 強度抜群
  • かっこいい!

ほぼチェアと一緒でした(笑)

組み立ては簡単すぎて説明するまでも無いとは思いますが、こちらも一応写真付きで。

パーツは5つ。チェアよりの2個多い・・(笑) ちなみにテーブルの方は収納袋は残念ながら小物入れにはなりません。

ポールを組み立てます。ラバーバンドが芯に入ってるので簡単です。

天板を広げ、裏側に2本の支柱(上写真の上下2本の黒い横棒)の両端を所定の位置にカチッと嵌めます。

2本の支柱の所定の位置に2か所ずつ穴が開いているので、そこにポール(足)の上部の丸い金属部分を押し入れます。ここは少し力を入れる必要があります。

以上です。迷いようがないくらい簡単でした。(笑)

まとめ

今回は、ヘリノックスのタクティカルチェア&テーブルをご紹介しました。(チェアの方が気合い入りすぎて長くなりすぎました・・・💦)

実際にキャンプで使用した感想は、とにかく軽くて強くて使い心地最高です。一度座ったら動きたくなくなるくらいでしたが、長時間座ってても全然楽でした。焚火台の薪をぼーっと眺めながらいじり続ける、これが至福のひとときでした。(笑)

以上、読んでくださりありがとうございます。ご意見やアドバイスなどいただるととても励みになります。よろしくお願いします!

キャンプ・登山
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント