【穴場おススメ登山コース】景信山から陣馬山への稜線尾根コース

こんにちは。管理人のリモ太郎です。

ゴールデンウィークの真っただ中、八王子・高尾に登山(というかハイキング)に行ってきました。

高尾山は確実にものすごい混雑だったと思いますが、今回行ったのはお隣の景信山。ここから陣馬山まをめざすコースです。

登山客も圧倒的に少ない(とはいえGW中なので、山頂などにはそれなりの人で賑わっています)のですが、景信から陣馬まで尾根を歩く気持ちのいいコースです。

都心からのアクセスも良く、低山の割には本格的な登山が楽しめるので、登山初心者の方にもおススメの山です!

□ 陣馬山をふもとから直接登るコースの登山記録はこちらです。

基本情報・アクセス

ハイキングコースの基本情報
  • 登山口(小仏峠入口駐車場)住所:〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町
  • アクセス
    車で行く場合:JR中央線高尾駅から15分
    電車で行く場合:JR中央線高尾駅からバス「小仏バス停」下車20分
  • コース距離:17.5km
  • 所要時間:5時間30分
  • 山頂の標高:857m
  • 累積標高差:931m
  • 難易度:★★☆ (中級者向け。初心者・ビギナーにもおススメ)
  • 装備:登山靴(運動靴では厳しいです)、登山ポール(あれば)、熊鈴(あれば)

■ 管理人のハイキングデータ(Apple Watch)

コースの魅力

ここがスゴイ!
  • 都心からのアクセスが良い割に登山客が少ない!
  • 駐車場がタダ!
  • 気持ちがいい稜線尾根歩きが楽しめる!
  • 陣馬山山頂からは360度の絶景大パノラマ!
  • ヒルがいない!(多分)

▶ 都心からのアクセスが良い割には登山客が少ない

高尾山と同様、都心からのアクセスが良くてお手軽に登山が楽しめるコースですが、登山客はこちらの方が圧倒的に少ないです。(とはいえゴールデンウィークはそれなりに賑わっていましたが。。)

▶ 駐車場がタダ

クルマで行く場合は、高尾駅から甲州街道を高尾山方面に少し進み、西浅川の交差点を右折して旧甲州街道を行き止まりまで行くと駐車場に着きます。

高尾山の駐車場は基本有料で1000~1500円かかりますが、こちらは無料で20台くらいが停められます。ただしすぐにいっぱいになるので、早朝7時前には到着することをおすすめします。

▶ 気持ちがいい稜線尾根歩きが楽しめる

このコースの一番の魅力は、何と言っても稜線歩きでしょう。景信山から陣馬山をつなぐルートは、ほぼ尾根沿いを歩きます。一本調子で山頂まで登るルートに比べて、多少のアップダウンを繰り返しながら気持ちがいいハイキングが楽しめます。

陣馬山山頂からは360度の絶景大パノラマ

陣馬山の山頂は広々としていて、360度視界を遮るものがないのでパノラマ絶景が楽しめます。もちろん、富士山もバッチリ見られます!

また山頂には3軒も茶屋があって、名物?のおでんやそばも楽しみの1つです。今回は1軒は営業していませんでした。

▶ ヒルがいない!

山は好きだけどヒルは大の苦手です・・・(笑) 景信山や陣馬山はヒルが多く生息する丹沢山系の北端に位置する山ですが、なぜかヒルが出たという話は聞いたことがありません。すぐ南にある相模湖の南側の山々は結構出るんですが。暖かい季節には丹沢には行けない筆者にとってはうれしいです。

コースご紹介

登山コース

小仏峠入口駐車場(スタート) ➡ 景信山頂 ➡ 明王峠 ➡ 陣馬山頂

(帰りは同じルートを戻ります)

チェックポイント① 小仏峠入口駐車場~景信山頂

チェックポイント① 登山データ
  • 小仏峠入口駐車場(スタート) ~ 景信山頂
  • 区間タイム: 46分
  • 区間距離: 2.18km
  • 獲得標高: 366m (※登った高さの累計。標高差ではありません)

スタート地点の小仏峠の入口にある無料駐車場。6時過ぎに着いた時にはすでに10台くらい停まっていました。準備をして6時半に登山開始。まずは景信山をめざします。

ここから舗装路の先の林道を進み小仏峠を経由して景信山に行くコースと、来た道を200mくらい戻ったところにある景信山登山道入口から行くコースがあり、今日は後者で行きます。

登山道入口。ここからは山頂までずーっと登りが続きます。45分で350m以上登ることになる、今回のルートではいきなりの最難関です(笑)

登山道はこんな感じ。最初から体力が削られないようゆっくり目に進みます。久しぶりだからということもあって、ゆっくり進んでも相当きつかったです。時折足を止めて休み休み進んで、46分で景信山頂に到着した時はそうとうばてました…

チェックポイント② 景信山頂 ~ 明王峠

チェックポイント② 登山データ
  • 景信山頂 ~ 明王峠
  • 区間タイム: 68分
  • 区間距離: 4.26km
  • 獲得標高: 203m (※登った高さの累計。標高差ではありません)

まだ朝7時過ぎだったので景信山山頂はがらんとしています。2軒ある茶屋もまだ閉まっていました。ベンチで急登で疲れた体を少し休めます。

この日は快晴だったので、木々の間から富士山もきれいに見えました。

一休みしたら、陣馬山方面に向かいます。ちなみにここから反対方面に行くと高尾山に行けますが、こちらは人気のコースです。

景信山から陣馬山までは、ずっと稜線が続きます。景色はありませんが、登り下りを繰り返しながら、基本的には登り基調でずっと尾根を進みます。とても気持ち良く歩けます!

途中4か所ほど、上の写真のような分岐があります。右の道が尾根のピークを辿る本線、左の道がピークを避けるう回路(まき道)となります。4つとも左側のまき道を使えば、アップダウンを軽減できるので体力と相談してルートを選びましょう。ちなみに今回は4つともまき道を行きました(笑)

チェックポイント③ 明王峠 ~ 陣馬山頂

チェックポイント③ 登山データ
  • 明王峠 ~ 陣馬山頂
  • 区間タイム: 39分
  • 区間距離: 2.3km
  • 獲得標高: 148m (※登った高さの累計。標高差ではありません)

明王峠に到着しました。ここは相模湖方面にも下りられる分岐点にもなっています。今は営業していない茶屋の残骸と、ぼろいトイレもここにあります(笑)

明王峠からの富士山です。

一休みして登山再開。ここから陣馬山までは稜線をゆるやかに登っていく感じですが、そんなにきつくないと思います。ふもとにある陣馬温泉側から一の尾根か栃谷尾根で陣馬山を登るルートに比べるとはるかに楽でした。

陣馬山の山頂に到着!駐車場からは2時間半くらいかかり、9時くらいでした。さすがに山頂はすでに人が多かったです。久しぶりの登山ということもあって、相当疲れました。。。ベンチで15分くらい休憩して、来た道を戻ります。

チェックポイント④⑤⑥ 陣馬山頂 ~ 駐車場 (帰路)

チェックポイント④ 登山データ
  • 陣馬山頂 ~ 明王峠
  • 区間タイム: 39分
  • 区間距離: 2.23km
  • 獲得標高: 36m (※登った高さの累計。標高差ではありません)
チェックポイント⑤ 登山データ
  • 明王峠 ~ 景信山頂
  • 区間タイム: 72分
  • 区間距離: 4.22km
  • 獲得標高: 161m (※登った高さの累計。標高差ではありません)
チェックポイント⑥ 登山データ
  • 景信山頂 ~ 小仏峠入口駐車場
  • 区間タイム: 45分
  • 区間距離: 2.34km
  • 獲得標高: 17m (※登った高さの累計。標高差ではありません)

陣馬山からの帰りは、来た道を戻るため登山データだけ掲載しておきます。

基本的には下りなので、行きよりも楽なはずですが、歩行距離10kmを過ぎたあたりから急に足が重くなり全然ペースが上がらず… 結局行きよりも時間がかかってしまいました。駐車場に戻ってきたときは12時近くになってました。

あと、麦茶のペットボトル1本持ってきましたが、途中で無くなってしまい、最後は喉が渇いてきつかったです。2本持ってくればよかった…

まとめ

今回の行程は、総距離17.5km、合計時間5.5時間、上昇した高度は930mでした。いつもよりもちょっときつめのコースで後半バテバテでしたが、やっぱり稜線歩きはとても気持ちがよかったです!人もそれほど多くなくて、のんびり歩けたのも最高でした。

帰りは八王子方面に回って、いつもの八王子ラーメンのお店で昼を食べて帰りました。ただ、疲れ果てていていつもよりも食欲なくやっとのこと完食。(そんな状態の体調でも、間違いなくうまいのですが!)

からだは疲れましたがリフレッシュできました!

まとめ
  • 都心から近くアクセスも良いのに、そんなに混んでいない穴場登山ルート
  • 稜線歩きがメインで気持ちイイ~。富士山が眺められるスポットも多数あり
  • 距離や高低差は初心者には少しハードル高め。飲み物は2本は欲しい

以上です。コメントやアドバイスなど、よろしくお願いします!

キャンプ・登山
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント