鎌倉おすすめ散策コース(鎌倉駅~高徳院大仏殿周回)

こんにちは。リモ太郎です。

週末、天気予報は雨なのに朝から晴れていたので、久々に鎌倉の大仏さんでも拝みに行こうかと思いたって、鎌倉駅に向かいました。

・・・というのはかみさんを説得する表向きの理由で、本音は先日ゲットしたランニングシューズの長距離履き心地を試したかったんですが(笑)

今回は、鎌倉駅を出発地点として、大仏殿(高徳院)に向かい、小町通りにちょっと立ち寄って鎌倉駅まで戻る周回コースをご紹介します。

途中には、古都鎌倉らしさを味わえるお店や観光スポットも多く、紫陽花(あじさい)で有名な長谷寺なども立ち寄ることができます。

紫陽花はこれから7月くらいにかけて見頃ピークを迎え、鎌倉が一年で一番賑わう季節になります。今回のコースは紫陽花を見に行くのにも適してますし、鎌倉の町をのんびり歩くだけでも楽しいので、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

鎌倉駅~高徳院大仏殿 散策コース概要

コース概要

鎌倉駅(西口)… 御成商店街(350m) … つきあたり由比ケ浜大通りを右折(1300m) … 
長谷寺入口で大仏通りを右折(350m) … 高徳院大仏殿 … 
大仏通りを長谷方面に少し戻り、最初の狭い道路を左折し高徳院東側を北上(800m) …
長谷大谷戸交差点で市役所通りを右折(1100m) … 鎌倉駅 …
小町通りを散策(約2000m) 

ルートは上のような感じで、オール舗装路です。

距離は約6.5km、普通に歩いてだいたい2時間くらいでしょうか(大仏参拝時間を含む)。

Apple Watchで計測したウォーキング結果は下の写真のようになりました。

途中には、商店街、由比ヶ浜の海岸方面、長谷寺、銭洗弁財天などなどお立ち寄りスポットが盛りだくさんの楽しいコースです!次章でより詳細な道のりをご紹介したいと思います。

散策コース詳細

鎌倉駅西口 ~ 御成商店街

鎌倉駅に朝8時半くらいに到着。西口改札を出ます。

西口は、小町のある東口に比べると混雑はしていませんね。昔ながらの風情のある駅前です。

さてここから、改札出て左側の御成商店街方面に進みます。(大仏方面の案内板あり)

御成商店街は小町通りがある東口の商店街に比べて人も少ないですが、オシャレなカフェや朝から開いてる人気ラーメン屋さん、我が家も行きつけの「食べログパン100名店」にも選出されているパン屋さんなど、いい店がたくさんあり、鎌倉近くの穴場かもしれません。

今回は朝早かったのでパン屋さんも開いてないので、そのままスルーして商店街をつきあたりまで進み、由比ヶ浜大通りを右折します。

由比ヶ浜大通り ~ 長谷寺

大通りに出ると最初に目に飛び込んでくるのがこちらのレストラン、AWKitchen Garden鎌倉です。テレビ番組にもたびたび登場する有名店で、外のテラス席は、江ノ電が席のすぐとなりを通るということで大人気ですね!

AWKitchenホームページより、テラス席の外観

さて、このまま由比ヶ浜大通りを西に進みます。途中、いくつか案内板も。

このままずーっと大通りを行けば長谷寺の入口にあたりますが、途中ふと江ノ電を見たくなり、左手の路地に入って由比ヶ浜駅に向かいます。

いつも乗ってる江ノ電ですが、道路からこれだけ至近距離で見ると、やっぱり迫力ありますね(笑)

大通りに戻って、そのまま進むと長谷寺の入口です。今回はここから大仏通りを右折して高徳院に向かいます。

鎌倉は、紫陽花が咲く観光スポットが多いことで有名です。特にこちらの長谷寺は鎌倉1、2を争う紫陽花の名所です。毎年6月後半くらいのハイシーズンにもなると、人でごったかえしてすごいことになります。入場制限もかかるので、朝一でぜひまた来ることにします(紫陽花をきれいに見るのは朝が一番いいそうですし)。

ちなみに、長谷寺のすぐとなりに御霊神社というところがありますが、こちらも紫陽花の見所になっています。御霊神社は長谷寺と比べるとそれほど人も多くないので穴場スポットです

大仏通り ~ 高徳院(大仏殿)

大仏通りには、お土産屋さんや食事処がたくさん並んでます。朝なのでまだ開いてるところは少なかったです。5分くらい進むと、大仏殿の入口に到着します。

なお、大仏殿に着く少し手前に、右手に曲がる細い路地があります。帰りは、鎌倉駅方面に向かうルートで今回はここを戻ることにします。

さて大仏殿に入ります。参拝料は、大人(中・高校生含む)が300円、小学生150円、小学生未満無料となっています。大仏さんは外に鎮座されていますが、建物や木々に囲まれていて中に入らないと拝むことができないですね。

久しぶりに大仏さんを拝むことができました(何年ぶりだろう?)!やっぱり、至近距離で見るとスケール大きいですね!ちなみに今回行った時は、コロナの影響で「体内参拝」は出来ませんでした。筆者が大仏さんの中に入ったのは小学生の時一度きりです。

線香を買って(100円)大仏さんの目の前の線香立て(何て言うんだろう?)にお供えし、大仏殿を後にしました。

住宅街 ~ 市役所通り ~ 小町 ~ 鎌倉駅(西口)

大仏さんからの帰り道は、来た道とは別ルートで鎌倉駅まで戻ります。

ここから鎌倉駅方面までのルートは大きく3つあります。

大仏ハイキングコース銭洗弁財天や源氏山公園に立ち寄るにはおススメ!

大仏通りを少し北上したところにハイキングコース入口があります。ハイキングコースを銭洗弁財天まで行き、そこから鎌倉駅方面に分岐するコース。このコースは北鎌倉方面にも続いていて、山道にも入る結構本格的なハイキングコースです。北鎌倉駅の近くの明月院は、長谷寺と並ぶ紫陽花の名所。体力がまだ余っていて、名月院にも寄っていきたいかたはぜひチャレンジください!

② 住宅街を抜けて市役所通りに出るコース…鎌倉駅までの最短ルート

③ 先ほど来たコース…由比ヶ浜、海方面はこちらのルート

今回は、②のルートで鎌倉駅まで戻ります。先ほどの大仏通りを長谷寺方面に少し戻ったところにある最初の路地を左に入って、しばらく住宅街を歩きます。

1kmほどで最初の信号、「長谷大谷戸交差点」というところで右折します。この道は市役所通りという名前で、まっすぐ鎌倉駅まで続いています。

途中、トンネルを2つくぐります。1つ目のトンネルを抜けてしばらくした交差点を左折すると、銭洗弁財天や源氏山公園方面。今回はそっちは寄らずにまっすぐ駅に向かいました。

しばらくして市役所の前を過ぎると、ほどなく鎌倉駅に到着~。ここまで、トータルで約4㎞ちょっと、1時間くらいで戻ってきました。

今日はせっかくだから、駅の反対側の小町通りを散策して、鶴岡八幡宮の近くにあるお粥がおいしい台湾料理屋さん叙序圓(じょじょまる)で、朝ご飯(朝粥)を食べて帰ることにしました。

それで、店に着いたのが9時40分くらいだったのですが、もうすでに何人か行列が。。最後尾に並んでしばらく待ってると、店員さんが来て、

すみません、前の方で今日はお粥が終わってしまうんですがよろしいでしょうか?

ガーーーン…お粥が食べられないとなると困るので(笑)、今回は泣く泣く諦めました。次回はもうちょっと早めに来よう。

結局、今回は御成通りのキビヤベーカリーまで戻り、パンを買ってから電車で帰りました。

まとめ・今年の紫陽花シーズンの鎌倉は特におすすめ!

今回は、鎌倉駅から長谷寺、大仏殿方面に向かいぐるっと周回するコースをご紹介しました。

鎌倉は、紫陽花が咲く季節(6月~7月)が1年で最も人出が多いピークシーズンになります。今回歩いてみて感じたのは、人出は去年よりはだいぶ増えては来たものの、外国人の方が少ないためかまだまだ例年に比べて混雑度は少ないようです。

裏を返せば、鎌倉で紫陽花を見るには今年が絶好のチャンスかもしれません!

とは言っても、相当な人でごった返すことも想像できますので、並びたくない!って方は、以下がおすすめです。

鎌倉で紫陽花を堪能するためのヒント
  • 長谷寺(長谷)や明月院(北鎌倉)は超有名スポット!行くなら開園時間の8時(長谷寺)・8時半(明月院)を狙って行くのがいいかも?
    (紫陽花は朝一が一番の見頃です!)
  • 上の2つ以外も紫陽花の見所はいっぱい!例えば、長谷寺のとなりの御霊神社や、源氏山公園は穴場スポットで、人混みを避けてゆっくり見られるかも。(そうは言っても人は多いと思いますが💦)

鎌倉は、本当に歩いていて気持ちいい街です。ぜひ試してみてください!

ご意見、ご質問などありましたら、コメント残していっていただけると励みになります。よろしくお願いします!

キャンプ・登山
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント