横浜家系ラーメンの人気店!「環2家」レビュー(並び方や注文の仕方も)

こんにちは。管理人のリモ太郎です。

リモ太郎
リモ太郎

一昨年に50歳を迎えました。日々の生活を楽しみながら、60歳での社会人引退とその後の資産形成をめざしています。

今回は久々に、おススメラーメン屋さんご紹介シリーズの第6弾(だったかな…)、横浜家系ラーメンの人気店、横浜市の環2家さんをご紹介させていただきます。

自炊も含めると年間100~150食はラーメンという自称ラーメンマニアですが、久々に環2家さんに行ってきました。同じ家系でも、店によって、その日の仕込み状況によって、出来や特徴がまったく違いますが、やっぱり環2家さんは人気店だけあって安定的にうまいです!

家系ラーメンは横浜市で1970年代に「吉村家」が誕生して以来、今や全国に無数に存在するラーメンの一大ジャンルになっていますが、環2家はその中でも数少ない直系の流れをくむお店です。横浜市内でも最寄り駅(上永谷)から徒歩15分という、なかなか行きにくい場所でにありながらも、県外からの来店者も多く行列が絶えない有名店です。(ちなみに投稿時点で吉村家は休業中。もともとあった場所のすぐ近く、自社ビルの新店舗に移転するそうです)

今回は、こちらのお店のラーメンをレビューしたいと思います。並び方や注文の仕方に家系ラーメン店の独特のルールがあり、最初行かれた方はとまどわれるかもしれませんが、そのへんも合わせて解説していますのでぜひご一読ください。

なお、家系ラーメンの名店「杉田家」の食レポも記事にしているので、ご興味のある方はぜひそちらにもお立ち寄りください!

環2家の基本情報

基本データ

  • 住所: 神奈川県横浜市港南区下永谷3-3-21(横浜市営地下鉄上永谷駅から徒歩約15分
  • 営業時間: 11:00~22:00(執筆時点は5:00~21:00で営業中)
  • 定休日: 不定休
  • 席数: 20席(カウンター席、テーブル席)
  • 駐車場: 有り(環状2号から店を過ぎてすぐを左折すると店の横に駐車スペース5台)
  • 注文方法: 券売機
  • 支払方法: 現金のみ
  • 主なメニュー:
    ラーメン 800円 (中盛ラーメン+100円、大盛ラーメン+200円)
    トッピング各種 味玉、ねぎ、ほうれん草、のり、キャベツ等 100円~
    ライス 120円
    など

3月の休日のお昼に、ふと環2家のラーメンを食べに行こうと思い立ち、車で出かけました。環状2号線沿線の上永谷、下永谷近辺はラーメン屋さんが数多く立ち並ぶ激戦区。環2家はそんな中でも一番の人気店です。

左手に店が見えてきたら(見落としやすいので注意)、いつも通り行列の長さをチェック。常に行列が絶えないお店ですので、あまりに行列が長い時はいさぎよく諦めます(笑)。今日は7,8人くらいでした。駐車場は店を過ぎてすぐ左折したところに5台分。今日はすでに埋まっていたので、目の前にあるコインパーキングに停めます。

食券の購入~注文まで(独特のルールあり)

まず店の中にある券売機で食券を買ってから店の外の行列の最後尾に並ぶのがルール(順番にご注意)。グループで来た場合も、全員食券を購入してから列に並ぶことになっています。

いつも通り、中盛ラーメンとトッピングののりを購入。ちょうど1000円、以前より少し値上がりしてました。

7,8人待ちでしたが10分くらいで店員さんから声がかかり、席に案内されました。大体6人くらいがまとまって一斉に案内されます。これは5,6杯くらいを1ロットで同時に作るためのようで、混雑時はこの流れです。

着席したら、購入した食券をカウンターの上に置いて待ちます。すぐに店員さんからお好みを聞かれますので、麺のかたさ、味の濃さ、油の量の好みを伝えます。(普通だったら何も言わなくてOK)

  • 麺のかたさ:かため・ふつう・やわらかめ
  • 味の濃さ:濃いめ・ふつう・うすめ
  • 油の量:多め・ふつう・少なめ

ちなみに筆者はいつも、「かため」をお願いします。(味の濃さ、油の量は普通)

おススメは人それぞれ違うとは思いますが、こちらのお店のラーメンはスープがアツアツ(これがお気に入りの理由の1つです)なので、食べるのが遅い方はかためがいいかもしれません。また、醤油の味が他店に比べるとかなり濃いです。さっぱり食べたい方はうすめや少なめが無難かと思います。

注文が終わったら、水はセルフサービスなので自分で給水機に取りにいきます。ティッシュも置いていますが、使ったティッシュはテーブルに置きっぱなしにせず、食べ終わった後にご自分でゴミ箱に捨てましょう。

ルールと言ってもそんなに堅苦しいものでもないしお店の方もギスギスしていません(笑)。 一応、家系の独特の文化なので、ぜひ体験してみてください。

実食!味はいかに?

注文して間もなく(本当に早いです!)着丼。写真は中盛、のり増し。まずはいつものように卓上のブラックペッパーを大量にぶっかけます。

卓上の調味料は、ブラックペッパー、豆板醤(2種類)、すりにんにく、すりショウガ、刻みショウガ、酢など豊富に揃ってます。筆者はコショウだけです。

スープはもちろん豚骨しょうゆですが、このお店の特徴は醤油の風味が際立っていること。同門の吉村家や杉田家と比べても醤油がキリっとしていて、味も濃いめだと思います。そして、スープはかなりアツアツです。丼や返し(醤油ダレ)もしっかり温めてくれているようで、出来上がり直後はやけどしそうなくらい熱いのが、筆者にとってはうれしい限りです。

麺は中太ストレート麺で、おそらく同系列の吉村家・杉田家と同じ製麺所の麺を使っていると思います。通常のラーメンに比べるとかなり短めなのが特徴です。食べやすいですし、スープも良く絡みます。

具のチャーシューは、薄くてしっかりした固め。香ばしく仕上げてます。ほうれん草もしゃきしゃき。そして、のりですが、大きくて厚めで本当においしいです。いつものり増しにして、麺を巻きながら食べてます。

最後までアツアツのまま完食(笑)。やっぱりおいしかったです。ごちそうさんでした!!

まとめ・総合評価

横浜家系ラーメンの名店、環2家さんをご紹介しました。1年ぶりくらいでしたが、やっぱり完成度は高く、いつ行っても安定した味なのもうれしいです。

同門で店も近い杉田家とどっちがおいしいかですが、それぞれ特徴が微妙に違うのでかなり悩みます。王道なら杉田家、多少濃いめでがっつりが良ければ環2家かな、という印象でしょうか。行列の長さでいえば、杉田家の方がかなり長いですが(笑)。あと、杉田家は朝5時から開いている、環2家は駐車場があって便利、という違いもありますね。

独断と偏見の、総合評価

料理   ★★★★★  吉村家や杉田家と肩を並べる家系ラーメンの最高峰!
スープ   ★★★★★  キリっとした醤油とんこつ。あつあつなのがうれしい!
麺     ★★★★☆  短め、中太ストレート麺はスープに良く合う
値段/CP  ★★★☆☆  家系ラーメンとしては普通
店の雰囲気 ★★★★  店員さんは元気で、感じがいいです
混雑具合  ★★☆☆☆  並ばないで食べられることはほとんどないですが、杉田家よりはマシ
総合評価 ★★★★★  安定、鉄板です。

食べ歩き
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント