投資・運用実績 – 2022年5月

サマリー

今月の新規投資額は合計53万円でした。

インデックス(投資信託/ETF)に13万円(目標11.5万円)、米国高配当株式ETFに40万円(目標13.7万円)となりました。今月は、月半ばに高配当株ETFに追加投資したこともあって、投資月額の目標は大幅達成。引き続き毎月たんたんと投資中です。

リモ太郎
リモ太郎

そろそろ投資用の待機資金も少なくなってきましたが・・・💦

5月の運用成績は、前月比+0.5%と先月の▲3%からプラスに転じました。年初比では+0.6%となっています。今月は、金利引き上げの懸念(とそれにともなう景気後退の懸念)に世界の株価が敏感に反応し続け、下落傾向が続きました。特にアメリカでは8週連続でダウが前週より値下がりしました。これは99年ぶりのことだそうです!その後、5月最終週は上げに転じましたが、まだまだ予断はできない状況が続きますね。

一方為替の方は、今月は円安の進行はひと段落し、月初130円に対して月末129円でした。為替影響なしで前月比プラスの運用状況ということなので、自分ではまずまずだと思ってます。

インデックス系と高配当系で比べてみると、今月も高配当系の方が成績は良かったですね。高配当株ETFは、かなり下がった日があったので少し追加購入しています。高配当株の方が追加投資した分配当に積み上がるというのが分かりやすいので、なるべく安く買えるタイミングで買いたいという意識からどうしても毎日株価を気にしてしまいます・・・(笑)

ただし、インデックス、高配当のいずれも長期ではプラス成長すると思います。投資を始めて初期の段階に現在の景気調整の局面が来たことは、逆にラッキーだったのかもしれません!

投資実績 – 銘柄別

インデックス投資のうち、投資信託は合計8万円の投資。自動で積立設定しているので毎月同額です。

ETFは、【VOO】を1口、【VYM】を23口、【VIG】を4口、それぞれ新規購入しました。VYMとVIGは、株価が落ちたタイミングを見計らって2回に分けて購入。円高にもなっていた日でしたので、多少ですがお得に買えたと思います。

運用実績 – 銘柄別

銘柄別の運用状況です。先月比でみると、今月は銘柄ごとに増減が分かれました。新興国や日本が調子が良かったですね。また年初と比較すると、インデックス投資はマイナス、配当株ETFはプラスと、明暗がはっきり分かれています。

特に、米国高配当株ETFは年初来+7.4%と他を圧倒しています!調整局面での耐性の強さが今月も感じられました。安心感がありますね。逆に、今後景気回復のフェーズになったときにはインデックス投資のリターンが優勢になってくるだろうと考えると、やはり広く分散して投資するというのが自分にとっては気持ち的に一番適した資産形成の方法だと思っています。

5月末時点のポートフォリオは上のチャートのとおりです。先月と大きくは変わりませんが、ETFの購入ペースが相対的に早いので、比率も徐々に増えております。ほぼ50%がETFになってきました。6月の配当も楽しみです。

今月は以上となります。

コメントやアドバイスをお待ちしております!

運用実績
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント