「Zund-Bar」に行ってきました – 有名ラーメン店AFURIの総本山!

こんにちは。リモ太郎です。自炊も含めると年間100~150回はラーメンを食しているという、自称ラーメンマニアです(笑)

今回は、神奈川県厚木市にあるZund-Bar(ズンド・バー)というラーメン屋さんに行ってきましたので、ご紹介したいと思います。近くの山に登山をしに行った帰りにこちらのお気に入りのラーメン屋さんに立ち寄るのが、ぼくの定番になっています。

AFURI(アフリ)というラーメン屋さんをご存じでしょうか。恵比寿や六本木など都心のど真ん中にも複数店舗を展開している大人気のラーメン店ですが、Zund-BarはそのAFURI系列の総本山であり発祥の店なんです。

AFURIの名前の由来は、Zund-Barから程近い丹沢山系の「大山」の別名、「阿夫利山(あふりやま)」から来ているそうです。その大山のお膝元にあるZund-Barが総本山という訳ですね。

Zund-Barは、正統派・王道ともいえる醤油ラーメン、塩ラーメンをいただける名店です。とても完成されたラーメンで、作り方や材料にもこだわりがあります。ちょっと交通のアクセスが良くない場所にあるのですが、それでも連日大盛況。こちらのお店のラーメンの食レポをお届けします。

Zund-Barご紹介

基本データ

  • 住所: 神奈川県厚木市七沢1954-1
  • アクセス
    本厚木駅もしくは伊勢原駅よりバス利用 ⇒「七沢病院入口」バス停下車徒歩7分
    車利用 ⇒ 東名高速大山伊勢原ICから県道64号を約15分
  • 営業時間:
    平日 11:00~21:00
    土日祝 9:00~21:00
  • 定休日: なし
  • 席数: 32席(テーブル25席、カウンター7席)
  • 駐車場: 33台分あり
  • 注文方法: 店員さんに注文
  • 支払方法: 現金,カード,交通系,電子マネー,バーコード決済(Pay-payなど)
  • 主なメニュー(値段は税込):
    らーめん 990円
    煮玉子らーめん 1,060円
    柚子らーめん 1,080円
    雲吞らーめん 1,180円
    炙りチャーシューらーめん 1,240円
    柚子辣湯麵 1,380円
    つけ麺(4種) 1,190円~1,490円
    炙りコロチャーシュー飯 690円
    本枯節のおかかごはん 490円
    ごはん 220円
    トッピング各種
    デザート各種

4月某日の休日。朝早くに家を出て、厚木にある鐘ヶ岳でハイキングに行きました。10時頃には下山し、すぐ近くにあるこちらのお店Zund-Barで昼食を食べて帰ることに。ぼくの定番になっているこのコースですが、今回で10回目くらいです(笑)

さて、店に10時過ぎに到着すると、すでに駐車場には結構車が停まっていて、少しですが行列もできていました。朝からこの盛況ぶりはすごいです。まん延防止期間中は土日祝の朝営業はやって無かったんですが、4月から再開したんですね。

発券機で整理券を出して並ぶことに。メニューを見ながら待っていると、ほどなく10分ほどで呼ばれてカウンター席に座りました。

注文は外で決めていたので、すぐにオーダー。今回はこちらの2点です。

  • 雲吞らーめん・塩・まろ味
  • 炙りコロチャーシュー飯

雲吞らーめんは、スープを醤油か塩かで選びますが、今回は塩です。次に、スープに入る鶏油(ちーゆ)の量を聞かれるので、少なめ(=淡麗)か、多め(=まろ味)かを選びます。少なめだとキリっとしたスープ、多めだとコクを感じるスープになります。今回はまろ味にしました。

それから、麺の種類も選べます。ラーメンの場合、デフォルトは全粒粉入りの極細ストレート麺ですが、つけ麺用の手もみちぢれ麺か、もしくはこんにゃく麵に変更することも可能です。これは店員さんからは聞かれないので、変更希望の場合は伝えてください。ぼくはいつも通りデフォルトでいきます。

炙りコロチャーシュー飯は、ぼくの中では鉄板です。サイコロ状に切った炙りチャーシューがご飯の上にゴロゴロと載っていて、大根おろしとゆずダレが絶妙です。

ちなみに2つ頼むと少し多めかなという感じですね。なので、かみさんと来る時は2人でご飯を1つ頼んでシェアしてます。今回は1人なので全部食ったります(笑)

食レポ!

10分くらいで着どーーん(笑)

相変わらず、ビジュアルが美しいです!

具は煮玉子(半分)、水菜、メンマ、のり、それから雲吞らーめんなのでワンタンです。

麺は全粒粉入り極細ストレート。小麦の味もちゃんとします。細いのにコシはしっかりしてます。

プリプリのワンタンが6個入ってます。つるんとしたのど越しでおいしいです。

スープはすっきりした塩味ですが、鶏油多めのまろ味にしたためか、こくもあっておいしい。ちゃんとアツアツなのもうれしいですね。いつもは塩ラーメンは鶏油少な目の淡麗にしてるんですが、今回初めて塩のまろ味にしてみたんです。そのためか、淡麗のキリっとした塩味の代わりに、鶏油のまろやかさが前面に出てきていて、塩っぱさが少し足りない感じが少ししました。

メニューには、醤油にまろ味、塩に淡麗の組み合わせをすすめていましたが、その通りかもと思いました。

あともう1つ、雲吞らーめんにはやっぱり醤油の方が合ってるかもしれません。塩でももちろんおいしいんですが、ほんの少し全体的に物足りなさを感じました。

総合的にはもちろんとてもおいしかったです。前に食べた雲吞らーめん・醤油・まろ味の組み合わせに比べると、少しだけさっぱりしすぎかな?と感じた程度です。

こちらがサイドオーダーの炙りコロチャーシュー飯です。小さめの角切りチャーシューはしっかり味がついていて、炙った香ばしいにおいが漂います。大根おろしと柚子ダレが最高にマッチして、うまい、うますぎる!ラーメンがおいしいのはもちろんですが、このご飯を食べたいからこのお店に来たくなると言っても過言ではないです。

らーめん、ごはん、らーめん、ごはんと箸が止まらず。今日も最後までおいしくいただきました。満腹です!ごちそうさんでした。

外に冷凍らーめんの自販機が設置されてました。アフリのラーメンが家で食べられるのもいいかもしれないですね。

まとめ・総合評価

今回、久しぶりに来ましたが、相変わらずラーメンの完成度は高いと思いました。さっぱり系の醤油、塩では、王道中の王道といった味ですね。

ただ、今回は注文した雲吞らーめんと塩味、鶏油多めという組み合わせが、微妙ですがベストマッチではなかったかもしれません。ぼくのオーダーの問題なだけですが(笑)。雲吞らーめんだったら、いつもの醤油、鶏油多めの方がマッチすると思います。

あと1点お伝えしておくべきは値段です。こちらは決して安くありません。今回の注文だと、1,850円もします。ラーメン屋さんで一人で払う金額では無いですよね・・(笑)

でも王道的なラーメンとしては最高峰のお店なのは間違いありません。おいしい正統派ラーメンをお探しであれば、ぜひこちらを一度お試しあれ!

以上でした。ご意見やコメントお待ちしています!

独断と偏見の、総合評価

料理   ★★★★  正統派醤油&塩ラーメンではトップクラス!
スープ   ★★★★☆  コクがあっておいしい。塩+鶏油多めだとキリっと感が薄まるかも
麺     ★★★★★  極細ストレート麺はこしもあり、あっさりスープに良く合う
値段/CP  ★☆☆☆☆  正直、かなり高めだと思います
店の雰囲気 ★★★★☆  店内はシックな雰囲気が漂っていておしゃれ
混雑具合  ★★☆☆☆  休日朝10時で行列あり。人気店なので仕方ないですね
総合評価 ★★★★☆  ラーメンもおいしいですが、サイドメニューのご飯類も絶品

食べ歩き
スポンサーリンク
リモ太郎をフォローする
50歳からの老後いきいき計画

コメント